旅とわたしとルーティンと〜南麻布ときどきこの美しき世界

南麻布にパートナーと2人暮らし中のフリーランス女子。何かと移動の多い慌ただしい日々と大好きなものを記録しておきたくて、ブログを始めました。

MENU

【京都旅】鴨川デルタを巡る!加茂みたらし茶屋と下鴨神社、糺の森から先斗町で近江牛をいただくグランドフィナーレ

建仁寺を出て本日の目標なんならもう達成、

しかしまだ午後にもなっていないレベル、

夕飯まで時間をつぶせない、どうしよう

 

 

とほっつき歩いていてたどり着いたお寺にて

手を合わせたら

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203902j:plain

 

 

「みたらし団子」というキーワードが浮かぶ。

あ、だったら早速行っちゃおう、とググって

即行動に。こういうとき、わたし切り替えナイス。

(temae-miso)

 

 

さて、

 

 

旅は歩く派!なわたしですから、

もれなく母にもめちゃくちゃ歩いてもらうことが

旅では多いです。

そしてなかなかの老齢にさしかかっているのに

My母はなんなら私よりある意味で体力が

ある・・・こんな老人になりたい!!

 

 

けれどさすがに次の目的地まで歩くには

時間も体力も足の筋力も

心もとないわ・・・と速やかにバスに乗る

こんなときGoogle mapって本当にありがたい!

一体昔はどうやって旅の情報を

仕入れていたのだろう・・・

いやん、思い出せない♡

 

 

 

notre-beau-monde.hatenablog.com

 

 

 

 

 

向かったのはここ、

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151213j:plain

 

 

 

加茂みたらし茶屋

 

 

tabelog.com

 

 

 

 

 

今回のもうひとつのテーマ、それは

鴨川デルタ散策

というのを、建仁寺で満足しすぎて忘れていた。

あのお寺様、思い出させてくださって

ありがとうございます!!

 

 

京都はちょうどこの時期、暑くも寒くもなく、

それすなわちお外スイーツが素晴らしい時期、

なので

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151224j:plain

 

 

 

 

お庭には可愛い着物女子も先客に。

しかし着物で京都観光とかもう、若くなかったら

絶対できない。

足袋×草履のしんどさたるや、尊敬に値します。

わたしたちはゆるっとワンピース☆

 

 

そして御手洗の池の泡を模したという

みたらし団子と

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151234j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211126151236j:plain

 

 

 

冬ならではのおぜんざいをオーダー。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151239j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211126151241j:plain

 

 

関西人は「甘辛い」というのを

ことのほか愛している気がします。

え、わたしもだけどね?

 

 

 

お腹を満たしたら、世界遺産下鴨神社に。

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151216j:plain

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151229j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211126151227j:plain

 

 

 

本殿もすばらしかったけれど、

やはり水の湧く👇この

御手洗社が素晴らしかった。

これもみたらし団子効果でしょうか・・・

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151243j:plain

 

 

 

水の湧く池の上に作られたお社、

あたりいっぱいに清浄な気が満ちていました。

す〜っと胸の中が透き通るよう!!

 

 

 

 

 

境内には君が代に歌われている

「さざれ石」も

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151245j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211126151248j:plain

 

 

 

この森には古のなにかがすごく

まだ生きているような感じがした・・・

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151250j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211126151252j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211126151255j:plain

 

 

 

夕刻にさしかかり、街の喧騒が嘘のように

無人糺の森・・・素敵過ぎる・・・

 

 

 

そう、この糺の森の散策は、今回の旅の

中でもとりわけ印象にのこった場所になりました。

気とか気配とかそういうこと・・・?

すごく気持ちよくてここにいるだけで落ち着く、

なんなら今写真見ただけでその気持が蘇る。

何度も何度も京都には来ているのに、

なんで今まで下鴨神社に来なかったんだろう!

時間からは絶対毎回来ようとすら!

 

 

近所のみなさんが普通に夕方の散歩などを

しているのがとても羨ましかった・・・

京都、住みたい。

 

 

名残惜しい気持ちで糺の森をあとにしたら

鴨川デルタもこんなに神々しい風情に

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151257j:plain

 

 

 

私はそのむかし、京都の大学を受験して

結局行かなかった(別の大学に行った)経験が

あるのですが、

「あのとき京都の大学選んでたら、人生違ったね」と

母としんみり語り合う。

少なくとも、こんなにヤサグレた人生じゃなかった

ように思います・・・えへへ

今の人生嫌いじゃないけど、まだ100パー大好き!

最高!って言い切れないところが、自分でも

ちょっとアレかなと思っています。

でも日々好きになりつつある、毎日良くなってると

思っているけれど!!

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151232j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211126151259j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211126151305j:plain

 

 

 

 

鴨川沿いを散歩して一日が終わる、みたいな

心穏やかな人生を、いつか必ず実現させたい。

できれば近いうちに。

できる仕事を選択する。選択できる余生にするために。

 

 

 

最後は先斗町に戻って、

近江牛の焼き肉で乾杯し、京都母娘旅終了♡

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211126151302j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211126151307j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211126151310j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211126151312j:plain

 

 

⬇応援ポチどれでも嬉しいです♡

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

 

 

 

 

【京都旅】ミシュラン和食「祇園佐々木」と老舗「祇園辻利」コラボスイーツを枯山水観ながらいただく贅沢【建仁寺 塔頭 霊源院】

 

歩けば歩くほどにうっとりとたおやかな街、

それは京都。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203850j:plain

 

 

「はんなり」って一体なんですのん?と

京都にいないときは思うけれど、

ここにきてただ街を歩くだけで

ああこれか、とわかってしまう、

そのなんとも言えない独特の

空気感は唯一無二、世界のどこにもない

魅力だと思います。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203854j:plain

 

 

ほんとうのほんとうは、もうちょっと早い時期に

訪れて、完全に無人の京都観光地をふらついて

みたかったけれど・・・まあ今だってそこそこ

B.C(Before covid19)よりは空いているからOK

ということで・・・

なんにせよ、あんまり人いなさすぎてもなんか

ちょっとさみしいし!

 

 

さて、現在目下修学旅行シーズンまっさかり、

どこ行っても学生さんだらけの京都ですが、

(しかも今の修学旅行って小グループでタクシー

貸し切りで、着物着たりしてそれこそはんなり

しっかり贅沢に京の都を堪能していらっさる)

 

 

人に会いたくなければ子供のいないところに

いけばいい!

 

 

というわけで訪れたのは建仁寺

 

 

・・・の南東に位置する、普段は非公開

塔頭(たっちゅう)寺院、

建仁寺 塔頭 霊源院

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203816j:plain

 

 

 

甘茶の寺といわれ、毎年5月末の甘茶の花咲く

時期には特別公開など行っているそう。

 

 

 

しかし、ときは緊急事態宣言真っ只中にお庭の

改装が行われ、

新しいお庭が出来たことを記念して、今年は

12/13まで特別公開が行われています。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203808j:plain

 

 

 

 

 

 

そしてさらに、わたしとmamaが訪れたタイミングで

まさに3日前とかそんなレベルで、

新しい天井画が完成したんだそうな!!

 

 

 

それがこれ👇

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123210327j:plain



 

 

手掛けたのは中国人アーティスト、陳漫さん。

ちょっと前にDiorの広告写真で大炎上していた

その人ですが、まあ本人驚くほどのべっぴんさんです。

天は二物以上を与えとるがな!!

あまりに才能すごいので、叩かれるのもわかるかも、

って思うくらい。

 

 

 

www.hk01.com

 

※わざわざ中国人女性を醜悪に撮ってアートとする

なんてDiorってどこまで商業主義なの!

しかもその写真撮ってるの中国人じゃん!

ヨーロッパに迎合しやがってオコ!

ってなってる

 

 

 

しかし、ここのご住職は陳漫さんに会った瞬間に

「この人天才や!!」と思ったそうで、

即お願いをしたそうな。

 

 

 

そしてその天井画の完成を祝して、

たった一週間、出来たばかりのお庭と、仕上がった

ばかりの天井画を観ながらいただける、

建仁寺の近くのミシュラン星付き和食

祇園佐々木」さんと

お茶の名店「祇園辻利」さんの

コラボスイーツが供されていたのでした。

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203818j:plain

 

 

なんと、龍を模したモンブランとほうじ茶の

ゼリー♡♡♡

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203823j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211123203820j:plain

 

 

 

こちらをすばらしいお庭を観ながら、

和尚様の流れるようなファンキーなお話しを

聞きながらいただけるのです。

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203811j:plain

 

 

 

ちなみに辻利さんのたっかいボトル緑茶も

さり気なく置かれていた・・・けど!

値段!!!

左側の大瓶で1万二千円・・・ひ〜!

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203842j:plain

 

 

 

 

さて、

お庭を作ったのは若いお庭アーティスト兄弟だそうですが、

これが足立美術館庭園などを手掛けた作庭家・中根金作氏の

お孫さんなんだそう!

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203803j:plain

 

 

 

 

左下の茶色い医師は、インドのブッダガヤから

贈られた石で、ここの上に座禅組んだり、

触ったりすることも出来ます。

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203825j:plain

 

 

 

 

このお庭自体がインド大陸と日本を表していて・・

仏教徒甘茶・お茶の伝来の歴史が

詰め込まれています。

 

 

 

 

隠れキャラみたいに達磨和尚さんがいる

 

 

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203840j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211123203800j:plain

 

 

 

これも達磨和尚の修行のようすを表したもの。

達磨和尚は修行のために9年?だっけか、

座禅を組んだために手と足が腐り落ち、

そのため「だるまさん」には手足がない・・・

というぶっとびエピソードをここで知る。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203757j:plain

 

 

 

 

また別の縁側からは、鶴亀の庭とよばれる

様式のお庭も見せていただけます。

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203828j:plain

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203833j:plain

 

 

みんなぶら〜んと足を投げ出して、

和尚様の本当に巧みな話術にぐぐっと引き込まれ

最後は大爆笑してしまう!

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203830j:plain

 

 

 

甘茶の寺、というだけあって、スイーツやお茶とも

すごく深い関係にあるお寺ですから、

茶室もとても美しいのです。

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203835j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211123203838j:plain

 

 

 

 

ものすご〜っくゆっくりと堪能したあと、

また京都の町並みをほてほてと歩く・・・

ずっと夢見心地♡

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211123203848j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211123203856j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211123203858j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211123203902j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211123203904j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211123203907j:plain

 

 

現在、限定スイーツは終わっていますが、

お庭を見ることは可能です。

お近くに行かれた際は是非!!

 

 

 

⬇応援ポチどれでも嬉しいです♡

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

 

【京都旅】秋晴れの京都をエクストリーム散歩、蹴上インクラインから水路閣をめぐる

美しきもの、それはとにかく

あっけらかんと突き抜けるように

よく晴れ渡った旅先の朝・・・

 

 

そして、

寒くもなく暑くもない、理想的な気温!

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220634j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121221123j:plain

 

 

 

宿泊していたホテルがあまりに静か&

雨戸のせいでしっかり暗く、朝になっても

まるで夜中のようだったため、

先に起き出していそいそと

洗顔&歯磨きをするわたしに向かって

「え?なにごと?」と不審な声をかけたのは

myラブリー母であった。

熟睡してくれてよかったよかった。

 

 

というわけでぐっすり睡眠のため想定よりもやや

1時間ほど遅くなったものの、朝ごはんをしっかり

かっこんで、サクッと鴨川をこえてひた歩く。

 

 

実は京都の北の方はもう

激しく琵琶湖の存在を匂わすあれこれがある。

 

 

 

琵琶湖疏水の文字👇

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220659j:plain

 

 

 

関西の水瓶、それすなわち琵琶湖、

古くから都のあった京都は飲料水の確保として

なんだか琵琶湖をとても大事にしてきたような

そんな雰囲気を漂わす場所が随所にございます。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220708j:plain

 

 

あら!このへん実はまだ未訪問だったエリア

だったんですが、

このオープンエアなスタバなんて

ちょっと北欧っぽくもあってすごく素敵。

・・・と思ったらテッパンの蔦屋であった。

むむう・・・・やるな。

佐賀の武雄温泉の蔦屋も素晴らしかったな。

 

 

store.tsite.jp

 

 

・・・と言いつつ今回のんびりお茶してるひまは

ありませんのです。

 

 

 

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220718j:plain

 

 

あら!平安神宮

ここも意外に未訪問。

すごくすごく広い・・・のでまたこれもさくっと

スルー。すみません、いつの日か必ずまた

お邪魔いたしますので!

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220559j:plain

 

 

 

そう、今回の京都旅はテーマがいくつかあって

一つがまさに

琵琶湖疏水を巡る旅

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220735j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121220727j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121220745j:plain

 

 

 

その一環として、

ここを観てみたかったんですよ。

蹴上インクライン

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220754j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121220802j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121220811j:plain

 

 

蹴上インクラインは、京都市左京区にあった琵琶湖疏水による舟運ルートの一区間をなす傾斜鉄道。 南禅寺・蹴上間。1891年から1948年まで実用に供された。 現在は国の史跡として整備され、桜並木の観光スポットになっている。 ウィキペディア

 

 

 

 

というわけで、高低差のあるこの150M区間だけ、

船ごと鉄道に載せ、荷物を引き上げたのだとか。

そんな廃線跡がそのまま保存されています。

 

 

そこを伝ったら、素敵な場所に行けるのです。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220819j:plain

 

 

 

わあ、ポーランドのアレみたいじゃない?

しかも春はなんと桜の名所だっていんだから素敵。

 

 

👇ポーランドのアレ

rtrp.jp

 

 

ここはなかなかのフォトスポットになっていて、

着物を着せてもらったカップルが延々、

ほんと〜〜〜〜に延々、地鶏・・じゃなくて

自撮りしていた・・・・

若い子写真好きね。

 

 

それを尻目にてくてくと線路を伝って上がっていくと

噴水のあるちいさな公園があって、

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220828j:plain

 

 

その脇を奥に進むと

発電所があります

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220837j:plain

 

 

さらにその脇の小道を進むと

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220846j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121220855j:plain

 

 

なんかひみつの花園

こんなロマンティック素敵通路があって・・・

(蔦の絡まる建物ってなんでこんなにキュンとなる?)

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220904j:plain

 

 

 

その先に進むと、まさに水路がずっとわたしたちを

導いてくれるのだった

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220607j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121220913j:plain

 

 

さらにこの水路を伝うと

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220921j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121220651j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121220642j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121220616j:plain

 

 

 

ちょっと時空とか国籍とか混乱しちゃうような

水路閣に突き当たります。

 

 

今も現役で水路として使用されている水路閣

1890年に建設された水道橋。

 

 

 

 

 

すんごい撮影スポットだから人もひっきりなし

なんだけど、

とにかく圧巻の景色だし、今まさに

紅葉とのマッチングが素敵すぎるので

これを空いている時間にみるために、実は

もっと早起きしたかったんだった・・・

でもまた来るきっと。

すごく人だらけだったんだけど、南禅寺

清涼な空気感を漂わせているのか、

なんだかすごくスッキリした気の流れる場所。

水・・・のせいかもしれない。

流れ続ける水の浄化作用。

 

 

 

そこからまたふたたびインクラインにもどって、

ねじりまんぽ

を一応みとく(笑)

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220941j:plain

 

 

 

けったいな名前ですが、

ほんとうに実在します。

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220933j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121220951j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121221007j:plain

 

 

 

ねじったトンネル、という意味だそうな。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220959j:plain

 

 

 

かわいい名前♡

 

 

 

さらにてくてくてくてく歩いて

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121221032j:plain

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121220624j:plain

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121221049j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121221041j:plain

 

 

 

ライトアップで有名な知恩院を横切り

円山公園を抜け

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121221058j:plain

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121221107j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211121221114j:plain

 

 

 

八坂神社を横切って、

わたしたちはある場所に向かう・・・

 

 

つづく。

 

 

※すんごい距離歩いているので、

旅靴はスニーカー以外ありえません。

 

 

 

 

⬇応援ポチどれでも嬉しいです♡

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

 

 

 

【京都旅】三都物語?先斗町そぞろ歩きから麩屋町隠れ家イタリアンでまったり

三都物語か?!

昨日今日あ〜す〜〜〜♪って谷村新司か?な

記事展開ですが、

はい、さんざん神戸でお風呂に入ったあとはそのまま

京都にやってきた私&mama.

 

 

 

notre-beau-monde.hatenablog.com

 

 

緊急事態宣言明けてから、京都はわりと混んでるよ

なんて噂は聞いてはいました。

そしてやっぱり噂どおり、

たしかに平日だというのに先斗町は、けっこうな

賑わいだったのでした。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211121115141j:image

 

 

しかしインバウンドがいないぶん、人は多くても

喧騒もさほどひどくはなく、

しずしずと行き交うささやき声の影たち・・・

なんか大人のリゾートって感じの風情です。

昔の京都ってこんな感じだったよね、と、

オーバーツーリズム以前を思い出す雰囲気なのでした。

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211121115035j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211121115120j:image

 

 

それにしても母とふたり、温泉に入りすぎて、

お水がぶ飲みしすぎて、

どうも食事を摂る気がしない・・・

(胃酸が薄まったから??)

 

 

しかしこのままホテルに帰ったら絶対夜中に

お腹すくわ・・・どうする??と

歩いていたら、

なんだかすこぶる森見登美彦的な路地を

発見する

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211121115106j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211121115028j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211121115042j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211121115147j:image

 

 

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211121115154j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211121115134j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211121115127j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211121115056j:image

 

 

町家と金魚と先斗町

京都の奥深さというか、こわさ、後ろ暗さ。

単に華やかというだけでない、

京都の魅力は引き込まれるような魔力にも似た

いいしれぬ求心力

やっぱこの地にはなにか見えないものが棲んでいる

 

 

ようにおもう。

 

 

 

 

 

しかしそれにしてもどう考えてもお腹すかない、

こんなにも歩いているのに!だったら

ちょっとつまむ感じでもう、入っちゃおう!と

麩屋町にて駆け込んだ

 

 

 

オステリア・センプレ

tabelog.com

 

 

ちょっとイタリアンとか軽めでいいよね!

ワイン飲んだら胃もスッキリするかも!

みたいな気軽な気持ちで入りましたが、

結果、ここすごくよいお店でした。

 

 

この人参のサラダ、お聞きしたところ

ふわふわの人参をクランベリービネガーと

オリーブオイルで和えているんだそう。

すごくフルーティーでさっぱり。

キャロットラペにありがちなレーズンじゃなく、

ドライいちじくが入っていました。

 

 

スパークリングワインもたっぷり注いでくださって♡

 


f:id:Notre_beau_monde:20211121115050j:image

 

 

サンマのコンフィも

変わったソースでもちろん骨までいただける

ふわとろさ♡

 


f:id:Notre_beau_monde:20211121115113j:image

 

 

 

カラスミのパスタもバターしっかり味で

とても美味しかった!

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211121115020j:image

 

 

実は洋食(!)ポテンシャルの高い京都、

来るたびに「もっとステイしたい・・・」と

思ってしまいます。

ああ、東京にもこんな感じで気軽にサクッと

飲めるカウンターイタリアンあったらいいのに!

 

 

京都ステイつづく・・・

 

 

⬇応援ポチどれでも嬉しいです♡

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

【神戸みなと温泉蓮】にて母子旅!女同士ならアリなあれこれ正直レビュー☆

何かと旅がちなわたくし・・・

もともと出張族でしたけれど、コロナで仕事の

旅が激減してから、やけくそのように(?)

プライベートの旅が増えました。

や、だっていまのうちに日本みときたくない?

見といたほうが絶対良くない?

良いに決まってない??

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113503j:plain

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113403j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211120113246j:plain

 

というわけで、今年もなぜかふんわり恒例に

なった、神戸への旅に。

といっても私たち(私と母)の場合、神戸の

街に出ることなんてほぼなくて、ずっとここに

滞在しちゃいます。

 

 

神戸みなと温泉 蓮

 

ren-onsen.jp

 

 

↑の公式がベストレートなようだけど、

わたしはいつも楽天トラベルで。だって楽天ポイント

貯めたいもん♡

 

 

[http://:title]

 

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113448j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211120113157j:plain

 

 

 

さて、神戸みなと温泉蓮は、その名の通り

驚くほどのみなとビューです。

港湾地区にどど〜んとそびえ、

向かいにモザイクとか神戸オリエンタルホテルなど

どどんと名所がのぞめますゆえ、

観光気分高まる♡

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113204j:plain

 

 

エントランスはけっこう派手め

このあたりにベタな高級感を好む関西風味が

随所に散りばめられていますYO

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113253j:plain

 

 

ひるがえってお部屋はかなりシンプルなつくり

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113129j:plain

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113219j:plain

 

 

寝散らかしててすみません↑

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113441j:plain

 

 

 

👇コストコのこのチョコ大好きすぎる

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113435j:plain

 

 

 

 

 

もちろんお部屋からはみなとビュー全開!

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113356j:plain

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113510j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211120113342j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211120113232j:plain

 

 

 

(ちなみに港ビューと反対側のお部屋の夜景は

こんなかんじの工場ビュー、こちらも素敵です)

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113335j:plain

 

 

ホテル館内からは、となりの日帰りスーパー銭湯みたいな

温泉設備に直行出来ます

 

 

👇連絡通路

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113239j:plain

 

 

 

 

 

 

 

実はこのホテル、ワタシ的には価格の割に

お得度が少ないというか、

なんか黎明期の星野グループみたいに、

いまいち大衆的過ぎる感じがして、

なのに価格はいっちょまえだから、

う〜ん・・・なんかコスパ悪いわ・・・

しかも客層もあんまりよくないしな、

なんて思っていたんですが、

 

 

この温泉設備には、チェックアウト後も入り浸り放題

しかもすごく居心地いい!なんて感じで

気づいたらもうすでに3回も!利用している

けっこうなヘビーリピーターになりつつある・・・

 

 

ちなみにホテル宿泊客のみの最上階の展望風呂も

ちゃんとあります。

狭いけど、海の目の前だからまあ、

わるくないわるくない

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113142j:plain

 

 

 

さて、このホテルの売りはお食事でもあって、

2回入れ替え式のビュッフェ形式です。

わたし根っからなまけものだから、え・・・

温泉まで来てお食事自分で取るってなんなの、

なんて思うクチでしたが、なんのなんの、

女二人だと意外に好きなもの好きな量食べられて

けっこうしあわせ!

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113327j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211120113300j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211120113348j:plain

 

 

 

しかし、実はことしはこれでもイマイチで、

なんで↑のようにぶつくさ言いながらも冬限定で

このホテルをリピートしているかというと、

 

 

これです

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113211j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211120113137j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211120113321j:plain

 

 

例年であれば、

カニ食べ放題が開催されていて、

このカニけっこう良いカニなんですよ!!

このカニ狙いで来るの。

しかし、ことしはカニ高騰のため、

カニ食べ放題は 12月30日かららしい・・・・

今回空振り((´;ω;`)

 

 

 

しょんぼりしつつもたらふく食べて、

館内随所に飾ってあるビートたけしさんの絵を

眺めつつ

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113411j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211120113150j:plain

 

 

 

ダシが出るほど風呂に浸かって、マッサージしてもらって

くったりと眠る・・・

しかし、なぜ温泉に入るとあんなに身体が火照って

眠りが浅くなるんでしょうか。

なりませんか??

 

 

期待の朝食も港ビュー

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113456j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211120113421j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211120113314j:plain

 

 

 

もちろんこちらもビュッフェ方式で、もれなく

動けなくなる寸前までいただきます。

欲どおしい女達・・・・

そしたら!なんと、ほんとうになんと、

食べてたハムエッグのハムがハートになった!

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113226j:plain

 

 

いやんかわいい♡

 

 

 

というわけで、

なんかBIGLOBEの温泉番付で西の横綱になった

神戸みなと温泉蓮なようですが

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211120113307j:plain

 

 

正直、カニがないと小結程度かな、

と思ったりもしています。

リピーターだからってなんか

「いつもありがとうございます。」みたいな

そういう心遣いもないし、

そのわりにはまあまあの価格設定

ビュッフェも美味しいには美味しいけど、

みんな殺到するから寿司職人さんとか殺気立ってるし、

最初のほうがまだよかったかも・・・

今年はあんまり満足度高くなかったかな

おもいました。

 

 

ま、なんにせよ女同士の気楽な旅ならあり

しかし

大人同士の彼氏との旅はあんまり

オススメいたしません。

男子との旅なら上げ膳据え膳の旅館がやっぱり

ロマンティックでよいとおもわれますゆえ♡

 

 

⬇応援ポチどれでも嬉しいです♡

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

 

 

 

【麻布十番ランチ】WE ARE THE FARM 麻布十番でオーガニックサラダビュッフェの女子ランチ。東京の素敵なところをディスカバーする

f:id:Notre_beau_monde:20211114173509j:image

 

 

 

かといって、たった今麻布十番にいるかっていうと

なんと普通に仙台にいる(!)んだけど、

ダリンがこんな時間だというのに

昨夜の激しい飲酒により、なんとソファで

寝てしまった・・・

のでiPhoneの写真フォルダみてたら

女子ランチの風景が出てきたので

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211114173553j:image

 

 

 

すこしポストしておきます。

 

 

WE ARE THE FARM 麻布十番 

(ウィーアーザファーム) 

tabelog.com

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211114173613j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211114173520j:image

 

 

ここはすべてのランチにケールを中心とした

サラダバーがついてくる素敵カフェ。

モシャモシャと野菜を頬張れる、

身体にも心にも優しいお店です。

 

 

店内も明るくてちょっと

アングロサクソン的オープンなアトモスフィア。

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211114173623j:image

 

 

 

 

 

 

ドレッシングも豊富でどれも美味しいので、

あれやこれやと味付け変えていると

あっという間にメイン前に

それなりに満腹になってしまう

危険なお店でもあります。

サラダバーあるある!(笑)

 


f:id:Notre_beau_monde:20211114173543j:image

 

 

 

しかしサラダだから罪悪感ゼロ。

どう考えたって野菜ってほんとうに

地球の恵み。

「食べ物で何が好き?」って聞かれたら

「野菜」って即答できる、それくらい

野菜の摂取はわたしにとって大きなよろこびです。

 

 

テラス席からは十番商店街のはじっこが

チラ見できるのものどかでいい

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211114173533j:image

 

 

東京はときおりバカバカしいくらいにつまらなくて単一的で住みにくいし

人だってなんだか変な人多いし(死んでも人と目を合わさない!みたいな

電車でもちょっとでも立ってる場所譲らない!譲ったら負け!くらいのかんじで

極端に心を閉じた人がすごく多い)、

 

 

だけど、こんなふうに実にええ感じのカフェや、

そしてこういうものを受け入れるちょっとのんびりした・・・

というか余裕のあるような

肩の力の抜けていてリラックスしていて、

そのひとだけの空気感で軽やかに生きてるような

ものすごく突き抜けた人に会えたり、

その洗練度合いがやはり地方都市にないくらいの

レベルの高さに整えられていたり、

その数が圧倒的だったりするところに、

わたしは惹かれて今も住んでる・・・気がします。

しかもやっぱり港区ってそういう感じの

余裕のある人多いんだよ。

お金の余裕=心の余裕これほんとう。

港区に住むと実によくわかります。

 

 

もちろんNYとかシアトルとか、そのさらに先いく

レベルも階層的に存在しているんだけれど。

シンガポールとか香港とかにも。

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211114173603j:image

 

 

とかいう話はまったくしないで、この日は

後輩女子と後輩女子の四方山話を

ひたすらに聞く。

若い子の近況は聞いてるだけでふふ、となる。

そしてその感性をわたしもわすれないようにしなくちゃって、ちゃんといつも背筋が伸びますよ。

 

 

さて、ダリンはいつ起きるんだろうか?

あ、起きた!!

 

 

⬇応援ポチどれでも嬉しいです♡

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

【青森観光!】ラーメンひらこやからのはいからさん的乙女洋館をめぐる弘前滞在♡

f:id:Notre_beau_monde:20211107190924j:plain

 

 

 

ある日青森、

オープン前からガッツリ並んで、ダリン青森友人

オススメのひらこやにて

がっつり魚介ラーメンを啜る・・・

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211107190930j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107190936j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107190943j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107190952j:plain

 

raimon2017.com

 

 

このお店、女性ひとりでもぜんぜんOK,

店内綺麗、お気遣いも素晴らしく、

人気の理由がよく分かる名店でした!

 

 

そしてそのまま弘前へ・・・

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211107190958j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191005j:plain

 

 

あのね、

すごく知らなくて本当にお恥ずかしいのだけど、

弘前ってものすごはいからさんが通る的、

乙女シティなのであった!

 

 

[http://

:embed:cite]

 

 

そう、弘前は洋館の街!!

 

この素敵邸宅は

旧東奥義塾外人教師館

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211107191013j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191020j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191026j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191032j:plain

 

f:id:Notre_beau_monde:20211107191044j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191050j:plain

 

 

県内で初めて開校した私学校で、

外人宣教師の住まいとして建てられたもの。

 

 

こんなおうちで住めるとかマジ浪漫。

この時代の洋館はすべて、

お部屋もコンパクトで窓が多く、

まるでシルバニアファミリーみたいな、

女子垂涎の世界観・・・・

家の中にブランコあるとか!!

なんていうファンタジー感♡♡

 

 

後に寄贈されたドレスも素敵すぎる。

まあ、私はこういうの一切似合わないタイプの

お顔してるんですが。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211107191038j:plain

 

 

 

裏には、弘前にある洋館のミニチュアが

これもまた素敵

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211107191057j:plain

 

 

 

こんなカーテンのある寝室に、

十代の頃は焦がれるほど憧れていたYO!

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211107191103j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191110j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191117j:plain

 

 

もし家建てるなら、

窓辺にこのコーナー欲しい↓

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211107191124j:plain

 

 

こちらのお部屋も素敵↓

究極、ここまでモノ少なく生きられれば、

今の家でも100分の1くらいは、

こんな風情で生きられるかもしれない・・・

 

 

と思いつつ、今日は断捨離しようと開けた

クロゼットを、

しばらく眺めてそのまま閉めました。

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211107191130j:plain

 

 

まあ!木馬さん、お邪魔してます。

お似合いですね。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211107191136j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191142j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191149j:plain

 

 

 

こちらは

弘前市立図書館

 

木造の洋風3階建ての建物で、ルネッサンス様式を基調としています。各所に和風様式を取り入れつつも、洋風技法の水準の高さをうかがうことができます。

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211107191156j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191203j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191208j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211107191214j:plain

 

 

こんな図書館あったらもう、まじで通う。

むしろ住む。

なんとかわゆく、そして美しいのだろうか!

 

 

ちなみに、なぜ弘前に洋館が多いのか、その理由は

 

 

※Yahoo知恵袋から引用

 

 

だそうです。

 

 

本当に、この状態の洋館がゴロゴロある

弘前・・・

ことのほかロマンティック気分で、

お気に入りの街になりました。

 

 

ちなみに、モデルコースはこちらなんですが

 

 

www.google.com

 

 

本当に小さなエリアにギュッと凝縮されて

おりますゆえ、

体力もさほど消耗せずに歩けるのも、

坂道があまりないのも、

長旅の最中には嬉しいポイントでした。

 

 

⬇応援ポチどれでも嬉しいです♡

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

大阪ラン!モクシー大阪本町・堺筋本町を拠点に乙女ラン5kmモデルコース☆中之島公園の薔薇園でホルモン正常化

大阪って下町っぽくてちょっと下品で、

みんな声でっかくてお笑い星人で

吉本新喜劇ばっかり観てて

ボケ・ツッコミにうるさくて、

そして全体的に派手な装飾がお好き・・・

と思ってはいませんでしょうか。

おもにこれはケンミンSHOW、というか

吉本興業所属・大阪芸人による、

大阪イメージブランディングの戦略成功に

よるものである。

そして、悲しいかなそういう局面は嘘じゃない。

 

 

 

 

しかし、私は知っている。

大阪人は老いも若きも男子も女子も、みんな

だいぶロマンチストで夢見がちな部分を

かなり持ち合わせているということを!

恋とか愛とか話させると、多分関東人よりも

だいぶアツいよ。

とくにおっちゃんの可愛さったらもう♡

 

 

だから(?)というわけでは

ないかもしれないけれど、

大阪にはけっこう、ちゃんと

驚くほどの美麗スポットがあるんでございます。

たとえばここ、ほら、

大阪のシテ島こと、

 

中之島公園

www.ikyu.com

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211023150637j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211023150706j:image

 

 

大阪は水の都ですので、

まあそれはたくさんの川が流れ・・・

というよりも、川の上に街が作られている

かのようなレベルなのですが、

まさにこの中之島は、堂島川土佐堀川

挟まれた中洲なのです。

 

 

そしてその中州には、なんと

バラ園があるのをご存知でしょうか。

 

 

ほら、ここもまたちょっとパリ16区の

バガテル公園のようで

ございますでしょう・・・・?

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211023150608j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211023150631j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211023150745j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211023150658j:image

 

 

いやむしろこれはバガデル公園以上かも。

だって都会のビルと薔薇のコラボなんて☆

しかもその横にはたゆたう堂島川

ひたひたとしているなんて!

 

 

 

 

そう、今日の天気はおそろしいくらいに晴れ、

ちょっと肌寒くはあったけれど、湿度もなく、

どう考えてもランニング日和♡

 

 

わたしは世界中でランニングをするのを

けっこう地味な趣味にしていて、

今はこんなご時世ですから日本で走ることを

至上の喜びとしている、

まるで意識高い系と勘違いされても

おかしくないような女なのですが

 

 

↓ランニングシューズを新調しました。

走るやつはアシックスと決めている!

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211023150753j:image

 

 


 

 

 

そんな意識の高い私←にとって、

この中之島公園で薔薇を観ながら

朝も早よからランしてしまうなんて、

もう、もう、自己陶酔の極み♡でございます。

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211023150721j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211023150713j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211023150808j:image

 

 

なんも言わずにコレ観たら、もう、

アムステルダムっぽくない??

そうおもわない??

 


f:id:Notre_beau_monde:20211023150731j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211023150651j:image

 

 

 

さて、大阪は同時に、レトロ建築の宝庫だと

いうこともご存知でしょうか。

実はこのエリア、昔々は海でして、

ここを拠点に商船が行き交うエリアであったのだ

そうです。

ということで、自動的に豪商が集まり、

瀟洒な洋風建築がごっそりと立ち並んでいたのだ

そうな。

その名残が、今でもそこかしこに見ることが

できるのですYO。

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211023150644j:image

 

 

シテ島・・・じゃなくて中之島

東側先端↓

きれい

 


f:id:Notre_beau_monde:20211023150800j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211023150558j:image

 

 

 

こちら中央公会堂!

なんとまあ、威風堂々うつくしい!

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211023150624j:image

 

 

その反対側には向かい合って、

大阪市立東洋陶磁美術館があります。

そして、このティールームがすんごい素敵

(っぽい)ので、今度行ってみたい!

 


f:id:Notre_beau_monde:20211023150616j:image

 

 

住友三井のビルももちろんレトロ、

財閥系の底力をこういうところに

垣間見る。

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211023150739j:image

 

 

滞在は昨日もしたためたとおり

モクシー大阪本町

 


f:id:Notre_beau_monde:20211023150727j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211023150605j:image

 

 

マリオット系列のマイレージプログラム

「マリオットボンヴォイ」は、

SPGアメックスカード、というのを作ると

自動的にゴールドエリート会員になれるの。

そうすると、

お部屋のアップグレード、

ホテルによってはウエルカムドリンク、

レイトチェックアウト(14時まで)など、

すんごい嬉しい特典がある!

さらに宿泊ごとのポイント換算率も

ゴールドエリートレートならけっこう

ザクザク溜まって、

たとえばリッツカールトンにポイントで宿泊、

とかも出来るらしい。

 

 

だから

このSPGカードはほんと、出張族なら

作ったほうが良いYO!

(と、絶賛布教活動中)

 

 

というわけで、

私にもあなたにもメリットある、

紹介コードを貼っておきます。

これ経由で入会申し込むと、あなたが

最大66,000今なら75,000ボーナスポイントを

もらえるんですって!

え?66,000今なら75,000ってもうそれだけで

リッツにタダで泊まれちゃうんじゃ…

ていうか軽く年会費2年分モト取れとる。

ゴイスー(*☻-☻*)

http://amex.jp/share/bEwwN?XLINK=MYCP

 

 

というわけで、今回モクシー大阪本町を

拠点にした5kmランモデルコース

貼っときます。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211023204955j:plain

 

 

結局きもちよくなって6km

走っちゃってますけどね(´∀`*)ウフフ

 

 

⬇応援ポチどれでも嬉しいです♡

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

大阪グルメ!老舗おでん〈たこ梅〉道頓堀本店と、女ぼっち飲みにも最適な串焼き屋さん@堺筋本町、ホテルはモクシー大阪本町

しばらく・・・といっても一ヶ月くらい、

東京お篭りとか南国とかに行ってたら、

なんとまあ緊急事態宣言が明けていた♡

 

 

ので、マイ・アナザースカイ大阪にて、

宴席にご招待いただく。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211022191919j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211022191951j:image

 

 

道頓堀のたこ梅さん

takoume.jp

 

 

関西ではおでんのことを「関東煮(かんとうだき)」

といいますが、

そんなおでんの専門店です。

創業170年?!すご!!

 

 

いくつか店舗がありますが、ここ道頓堀が

本店なのだそう。

事実、ここってかなりの人気店で、

コロナ前だと予約すら取れなかったりもして!!

でも今、けっこう余裕あるみたいです。

 

 

というわけで、

名物「たこの甘露煮」からスタート

 


f:id:Notre_beau_monde:20211022191859j:image

 

 

ルックス的に「味なさそう〜!」な感じですが、

いやいやさすが170年の名物だけあって、

え?ってくらいに白い部分にも甘辛い風味が

しっかり入っています。

なんでだろう!すごく美味しい!

 

 

そして名物のおでんにスイッチ☆

見てこの大根!!!

見た目を裏切らない旨さ・・・♡

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211022191840j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211022191958j:image

 

 

関西のおでんといえば「ひろうす」

飛龍頭=がんもどきのことですね。

これがまた、あまジュワうま・・・♡

 


f:id:Notre_beau_monde:20211022192027j:image

 

 

湯葉やシュウマイなんかは珍しい具材かも。

どれもしみしみで美味しいことこのうえなし。

 


f:id:Notre_beau_monde:20211022191934j:image

 

 

私は日本酒を飲んだらその場で寝る病を

患っておりますゆえ、

ハイボールで終始お相伴に与りましたけど、

同席男子たちはガッツリ日本酒で

いい感じにシモネタかましておりました。

 

 

大阪って、意外にこういう古い店が盛り場にも

点々とあったりするんですが、

そういう店は一人だと入りにくかったりもして

未だ未発掘だったりすることも多いので

今回はすごくディスカバー大阪な気分でした。

しかも本当に美味しかった!

さすが名店の貫禄。

 

 

しかし、名店によくありがちなアレ、

”接客態度”は例にもれず高飛車気味なので、

大阪らしい人懐っこさとかを求めていくと、

「あれ?ここ京都だっけ?」みたいになるので、

そのへんは覚悟が必要かもしれません。

HPとか看板はフレンドリーなんだけど、

実際、おじさんの店員さん?とか、

笑顔の一つもなく無言でお料理をテーブルに

置いたりもされますのでね。

(機嫌悪いのか?)

 

 

ま、美味しいから良いけど。

そして間違いなくそれでもまた行きたいけど!

 

 

 

 

 

 

そして本日はひとり酒。

ホテルのそばをそぞろ歩いて、

パッと入ったお店がアタリでした。

 

 

くし焼狄 淡路町

teki-awajimachi.com

 

 

HPみるとガッツリおっさん向けのお店ですし、

実際そんな感じの店構えなんですけれど、

なんと焼き場や店員さんがみんな女性!

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211022191855j:image

 

 

 

なのでわたしみたいなぼっち飲み女子でも、

すごく入りやすいし飲みやすい。

なんか癒やされる〜。

お店も程よく暗くて、カウンターもたくさんだし、

席同士の間もゆったりしております。

 

 

 

なんといっても突き出しの浅漬けにはじまり、

串を置くためのお皿に山盛りキャベツ!!

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211022191906j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211022192005j:image

 

 

うれしくない?

サラダ要らずのこの感じ!

めっちゃ身体にも優しいこの感じ!

 

 

鳥わさも良いお味

 


f:id:Notre_beau_monde:20211022191947j:image

 

 

自慢だというだし巻き卵は

ハーフでもオーダーできました♡

 


f:id:Notre_beau_monde:20211022192023j:image

 

 

 

勢いのいいあんちゃんがやってる串焼き屋さんも

いいけれど、

ひとりしっぽり飲みたいときはやっぱり、

女性店主さんのお店・・・というか、

ほどよき距離感を保ってくれるお店は貴重です。

 

 

一人出張のほどよき飯にぜひ、おすすめでした。

(と備砲録のためにかいとく)

 

 

ステイはパリピが好きそうなマリオット系列の

モクシー大阪本町

 

www.marriott.co.jp

 

 

パリピらしく、すっかりハロウィン仕様に

なってました☆

 


f:id:Notre_beau_monde:20211022192016j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211022191910j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211022192008j:image

 

 

ゴールドエリートなので、お部屋はアップグレード。

 

 

 


f:id:Notre_beau_monde:20211022191941j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211022191848j:image
f:id:Notre_beau_monde:20211022191834j:image

 

 

この「アップグレード」の嬉しさったら、

ゴールドエリート会員資格を得るために、

わざわざアメックスに3万円の年会費(!)

を払うに余りある恩恵かと

わたし思ってます。

 

 

そう、マリオット系列のマイレージプログラム

「マリオットボンヴォイ」は、

SPGアメックスカード、というのを作ると

自動的にゴールドエリート会員になれるの。

そうすると、

お部屋のアップグレード、

ホテルによってはウエルカムドリンク、

レイトチェックアウト(14時まで)など、

すんごい嬉しい特典がある!

さらに宿泊ごとのポイント換算率も

ゴールドエリートレートならけっこう

ザクザク溜まって、

たとえばリッツカールトンにポイントで宿泊、

とかも出来るらしい。

 

 

だから

このSPGカードはほんと、出張族なら

作ったほうが良いYO!

(と、絶賛布教活動中)

 

 

というわけで、

私にもあなたにもメリットある、

紹介コードを貼っておきます。

これ経由で入会申し込むと、あなたが

最大66,000今なら75,000ボーナスポイントを

もらえるんですって!

え?66,000今なら75,000ってもうそれだけで

リッツにタダで泊まれちゃうんじゃ…

ていうか軽く年会費2年分モト取れとる。

ゴイスー(*☻-☻*)

http://amex.jp/share/bEwwN?XLINK=MYCP

 

 

 

今回トリック・オア・トリート!と

いうことで、

オリジナルのダースもいただきました。

 


f:id:Notre_beau_monde:20211022191926j:image

 

 

なんかとても嬉しい。

幸せ感じた大阪ステイでした。

 

 

⬇応援ポチどれでも嬉しいです♡

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

みちのくのパワスポを巡る!【高山稲荷神社】で商売繁盛&さんふり横丁で酔う

なんかもう、急に冬!!ではないですか。

 

 

実はつい一昨日まで南国にいたので、

とてもとても身体が寒さに

ついていかない!!

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

そしてなんなら、

その旅のことを早く書きたいので、

もうもはや薄れゆく記憶の東北旅の

ことははやく仕上げてしまいたい…

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211019141921j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211019141919j:plain

 

 

のだけど、こうしてまた写真を見直すと、

ああ東北もとても素晴らしかった、と、

ほっこりしてしまうのでした。ふふ。

 

 

旅ってどんな旅でも、

記憶の中ではただただ美しい。

そう、この旅も移動だらけで

けっこう身体が疲れてしまったけれど、

疲れと一緒に

東北というチャームあふれる土地の

パワーを、がっしりとたくさん

受け取れて、

それはとても幸せなことだったなと

感じ入っております。

 

 

そう、思い起こせばまだ

紫陽花の盛りであったのだった。

東京はすでに猛暑にうだるようなのに、

東北では涼しそうに

紫陽花が手水舎に浮かんでいたYO。

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211019141916j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211019141914j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211019141912j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211019141910j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211019141908j:plain

 

 

 

水と紫陽花の、こころまでじゅっと潤うような、

なんたるみずみずしさ!

神域に入るときに水で手と口を清めるという、

極めて清々しい日本の風習に、

あらためてその、いにしえの感性の

素晴らしさに感じ入る。

日本人の清潔の概念は間違いなく、

神事からやってきているとおもう。

あと、水資源が豊富だからかな。

 

 

みなさん、どうかこれを読んでくださって居る方、

できればペットボトルのお水を買うのをやめて、

水道のお水を「良い浄水器」に通して飲んでほしい。

地方の豊かな水を枯れるまで汲みきっては

いけないし、重い水を、ガソリンや燃料を

じゃんじゃか使って運ぶなんて愚の骨頂だと

私は思っているのです。

わたしもできるだけお水買うのやめてます。

 

 

なんてことを考えながら巡ったのは

高山稲荷神社

 

rtrp.jp

 

 

↑のRETRIPさんの記事では不思議な感じで

書かれていますが、

うん、たしかにちょっと変わった気の

流れる場所でした。

聖地とか神社とかとはちょっと違うみたいな、

うまくいえないんだけどまるで

廃墟のような空虚な感じ・・・

だけど廃れているとかじゃなくて、

さみしいような懐かしいような、

そんな感じ。

 

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211019141903j:plain

 

 

f:id:Notre_beau_monde:20211019141901j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211019141859j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211019141857j:plain

 

 

太宰治の「津軽」という小説にも登場するらしい

由緒正しい神社だそうなのだけれど、

あまりに綺麗に整備されているので、

ちょっとテーマパークみたいな、

すこ〜んとした空気感すら漂っています。

 

f:id:Notre_beau_monde:20211019141855j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211019141852j:plain

f:id:Notre_beau_monde:20211019141850j:plain

 

 

わたしはお商売をしているフリーランスなので、

お稲荷さんはほんとうに大事にお詣りすることに

しております。

ここでも丁寧に手を合わさせていただきました。

こんだけ広いとお稲荷さんものびのび

遊べちゃうでしょうね!

どうかダリンの仕事がうまくいき、

わたしが左うちわで行きていけますように←

 

 

 

 

 

さてそのあと宿泊は青森駅前に。

青森駅前」というから都会をイメージ

していたら、驚くほどになんもない(ごめん)

そこそこ田舎の駅だった・・・

けれど、北のふれあいを求めて屋台村へ

いってみる。

 

 

青森屋台さんふり横丁

www.aomori-yataimura.com

 

f:id:Notre_beau_monde:20211019141848j:plain

 

 

まるでお店の方を囲むような、

ちいさな囲炉裏のようなエプロンステージの

ようなカウンターに陣取り、乾杯をする。

いやこれよ。この濃さよ。

北のハイボールは濃い!!

 

 

つぶ貝入の名物味噌おでん

f:id:Notre_beau_monde:20211019141843j:plain

 

 

貝焼き!

f:id:Notre_beau_monde:20211019141841j:plain

 

 

しめ鯖!(大好物)

f:id:Notre_beau_monde:20211019141839j:plain

 

 

バラ焼き!

f:id:Notre_beau_monde:20211019141837j:plain

 

 

ここでダリンは日本酒注入!

f:id:Notre_beau_monde:20211019141834j:plain

 

 

あれ・・・?あれも食べられるんだっけ・・・

(夢ここち)

f:id:Notre_beau_monde:20211019141832j:plain

 

 

 

ハタハタ!

f:id:Notre_beau_monde:20211019141830j:plain

 

 

ほよよ・・・

f:id:Notre_beau_monde:20211010152421j:plain

 

 

 

移動の疲れとサービス満点の濃いお酒で、

想像の10倍のスピードで酔ってしまった

わ・た・く・し

なんだか不思議な夜で、

このときカウンターを囲んだ知らない人と

なんかすんごい色んなこと話した気がします。

 

 

一期一会すぎてまさに夢のようだったけれど、

旅とはそんなものなのだ。

 

 

⬇応援ポチどれでも嬉しいです♡

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ